最近は日本でもクレジットカードの需要が広まり、どんなお支払いもカード一枚で済ませることが出来るようになりました。
普段の生活に欠かすことのできない光熱費などもクレジットカードで支払いをすること可能なので大変便利です。 空港ラウンジでは同伴者1名まで無料で利用することが出来ます。
世界各国のレストランやホテルでアメリカン・エキスプレス・カードで利用可能な優待特典があるのも特徴の一つとなります。アメリカン・エキスプレス・カードでANAとの提携しているクレジットカードは大変人気があります。
ANA航空券の購入などでカードを利用することによってポイントが通常の1.5倍になるなどの特典がありマイルを貯めやすくなります。

 

アメリカン・エキスプレス・カードはマイルへの年間移行ポイント数に制限は決められていなく、またポイント有効期限というのは翌々年度プログラム期間の末日までと長期間の保存が可能です。
しかし「ポイント移行コース」に登録をしている時にはポイントの有効期限が無期限になります。





クラウド パートナー
クラウド パートナー
URL:http://cloudpack.jp/partner/


(豆知識メニュー)アメックスを持って海外旅行ブログ:15-11-2019

ダイエットで成功した人でも、
「リバウンド」を一度や二度は経験しているかもしれませんね。

俺も、辛い食事制限でダイエットしたのに、
簡単にリバウンドしてしまったという悲しい思い出があります。

では、
一度痩せたからだをずっと保つにはどうしたらいいのでしょうか?

痩せた後も太りにくいからだを作るには、基礎代謝のアップが必要!
それこそがリバウンドを防ぐ秘訣なのだそうです。

脂肪を落とすだけじゃなく、筋肉をつければ、
基礎代謝を高めることができます。

その筋肉を鍛えるトレーニングが、無酸素トレーニングなのです。
筋力トレーニングが知られていますが、
ダンベルトレーニングなどもそうです。

毎日少しずつ、
筋肉に負担をかける簡単なトレーニングを続けることが大切!

100メートル走や重量挙げなどは一般の方ではなかなかできませんし、
息をとめるような無酸素トレーニングなので、おすすめではありません。

おすすめのトレーニングは、女性でも手軽にできるような静的トレーニングです。
静的トレーニングとは、走ったり歩いたりして、
からだを激しく動かすものではなく、
からだを固定して行う運動のことです。

押したり引いたりして筋肉の収縮を持続させるタイプのものと、
筋肉を繰り返し使うものの2種類があります。

どちらも筋肉を強くすることに効果的ですので
一日数回1セットを毎日続けるといいでしょう。

太りにくいからだを作るためには、
踏み台昇降や踏み台昇降などで
ウエストや腕、あしの
筋肉を鍛えることが大切なんですね。

ウォーキングなどの有酸素トレーニングと合わせて、
無酸素トレーニングで筋肉を鍛えることが最も効果的なようですよ!