最近は日本でもクレジットカードの需要が広まり、どんなお支払いもカード一枚で済ませることが出来るようになりました。
普段の生活に欠かすことのできない光熱費などもクレジットカードで支払いをすること可能なので大変便利です。 空港ラウンジでは同伴者1名まで無料で利用することが出来ます。
世界各国のレストランやホテルでアメリカン・エキスプレス・カードで利用可能な優待特典があるのも特徴の一つとなります。アメリカン・エキスプレス・カードでANAとの提携しているクレジットカードは大変人気があります。
ANA航空券の購入などでカードを利用することによってポイントが通常の1.5倍になるなどの特典がありマイルを貯めやすくなります。

 

アメリカン・エキスプレス・カードはマイルへの年間移行ポイント数に制限は決められていなく、またポイント有効期限というのは翌々年度プログラム期間の末日までと長期間の保存が可能です。
しかし「ポイント移行コース」に登録をしている時にはポイントの有効期限が無期限になります。





クラウド パートナー
クラウド パートナー
URL:http://cloudpack.jp/partner/


(豆知識メニュー)アメックスを持って海外旅行ブログ:19-9-2019

体脂肪を落としたいのであれば、
夕食は低カロリーにする必要があります。

よく減量をするのに、
9時と午後は抜いて
18時たくさん食べるという人がいますが…
これは間違った減量のやり方です。

9時と午後を抜いた分、
脳が次に食事を摂った時に
カロリーをたくさん貯えようと働きかけるので、
結果的に、逆に体脂肪が増えてしまうのです。

それに、夕食を食べる時には、
スープやお味噌汁などの汁物から食べましょう。

水分を先に摂ることで、お腹が満腹感を感じます。
で、食事を低カロリーに抑えることができるんです。
インスタントのお吸い物やお味噌汁、スープなどでもかまいません。
食事には、必ず汁物をつけるようにしましょう。

できれば、
野菜たっぷりのポトフや
お豆腐を中心とした具だくさんのお味噌汁などをつけると、
たんぱく質や食物繊維も摂ることができて、一石二鳥です。

また、お鍋も低カロリーですから
減量にはいいですよ。

どの料理よりも熱いですし、
調理しながら食べるので、食事に時間がかかりますよね。
食事の時間が長くなれば、低カロリーの食事でも
満腹感と満足感を感じられます。
野菜とお豆腐をたっぷり入れた韓国のチゲ鍋なんて、いいですね。

それから、夕食を低カロリーにするためには、
肉類より魚類を多く食べるように心掛けるといいでしょう。

魚にはDHAという成分が多く含まれていて、
コレステロールの低下なども期待できます。
もちろん、脂肪分が肉類に比べて低いということも、理由の一つです。