日本国内でクレジットカードが普及してきたのはまだまだ歴史は浅いですが、それでも現代はクレジットカード社会とも言えます。
社会人にでもなればクレジットカード保持は当たり前のことであり、持っていないと信用出来ない人とも見られてしまいます。 クレジットカードの本質的な機能は「後払い」ということになりますが、今日ではさらに複合的な機能が付帯されています。
これら数々の便利な機能によってクレジットカード一枚でいつもの生活が便利にお得になります。クレジットカードとは個人または法人の信用を基に発行され、買い物や飲食などの支払いを先送りするプラスチックカードのことです。
つまり所有者の「信用」を証明するカードという考え方もあり、サービスや商品の支払いを後で決算することが出来るようになります。

 

クレジットカードは立替払いシステムとなっていることから、顧客に安定した収入があるかどうかということが、審査を行い発行されます。
この審査を通貨することが出来なければクレジットカードは発行されません。



(豆知識メニュー)買い物などの支払いを後払いブログ:19-11-2019

一週間ほど前、
わたくしはリビングでボケーっとしていました。
平穏だけど、退屈なわけでもない…
そんな瞬間を味わっていたというか…

すると…
ふっと古い記憶が
よみがえってくるような感覚を感じました。

わたくしの心の中に見えたもの…
それは、父親の腕に抱かれている、
まだ寝返りもできないぐらいの赤ちゃんの自分でした。

満たされて、何の不満もないわたくし。
穏やかな優しい目でみつめてくれる父親。

あれ〜、これって何だろう〜?
本当に私の記憶なのかなあ〜?って、思いましたが、
人はすべての記憶を脳に刻んでいるっていわれてますよね。

ただ、思い出せなくなる記憶がたくさんあるのだと…
ということは、
これって本当の記憶なのかもしれません。

赤ちゃんの自分を思い出したのと同時に、
あぁ、わたくしは父親のことが
大好きだったんだなぁ…と改めて思いました。

そして、父親ももちろん、
わたくしのことがかわいくてしかたなかったんだなぁ〜
と思えました。

とても、温かい感覚でした。

誰でも赤ちゃんの頃、誰かに抱っこされて、
ただただ愛おしい…という目で
見つめられたことがあったはずですよね。

それが父親や母親ではなくても、
そこにいるのは「愛されている赤ちゃん」だと思います。

わたくしたちはみんな、
もともと愛されているんですよね。

でも
「自分は愛されていない」
という誤解をしてしまうことがあります。

誤解は誤解を生んでしまい、
誤解の海の中で身動きが取れなくなる。
わたくし自身がそんな感じでした。

誤解は人生をややこしく、
難しくするのだということを、
わたくしは経験から学びました